貨物情報と帰り便をマッチングする 「求貨求車」

求貨求車とは、一般的に「帰り便」と「貨物」をマッチングするサービスをいいます。通常、貨物オーナー様は指定物流会社に製品の輸送を依託しています。しかし、予想以上の受注等により大量の輸送が発生すると、物流会社一社では車両手配が出来なくなるときがあります。その時、求貨求車の仕組みを使用し、適切な車両を探し配車手配を完了させます。

求貨求車システム

荷主(貨物オーナー様)

日々の入出荷において、出荷量が安定している時は普段委託されている運送会社様の輸送力で対応。しかし、想定外の出荷依頼などで緊急で増便しなければならない場合、トランコムの豊富な帰り便トラック情報を活用し、柔軟に対応いたします。

荷主様


荷主様
■出荷の最繁忙時に空車情報を集めることが年々難しくなっており、非常に高い運賃がかかってしまうことがある。
■チャーターで輸送可能な情報が無いことから、特積(路線便)で対応しようとしても、口割れが発生して配送に大きな負荷がかかってしまう。

このようなお悩みに対してトランコムの求貨求車では、多彩な輸送モードと保有する多くの情報を活かして、荷主様に最適なご提案をいたします。また、スポットでの集車だけではなく、日々の配車業務の全てを委託することも可能です。

 

輸送会社(パートナー様)

パートナー様

例えば、愛知県名古屋市から荷物を積んで東京都江東区まで輸送を行うとします。その場合、江東区で納品完了後、名古屋市近隣まで運ぶ輸送案件を探さなければなりません。普段運行していない地域では条件のあった荷物を探すことも大変です。
トランコムならば全国に情報センターがありますので、簡単にお電話で空車情報をいただければ、条件の合った貨物情報をご提供いたします。

燃料費
不安定な海外情勢等によって、軽油価格が上昇し高止まりする状況が続くと想定されます。燃料費の高騰に対して、トランコムの求貨求車を利用ただくことで、空車地からの回送距離の抑制が出来ます。
運収
スポットでのチャーター運行や定期便だけでなく、混載運行である中ロット輸送サービスもありますので、パートナー様の条件に合わせて売上を最大化するお手伝いをいたします。
CO2削減
求貨求車によって国内のトラックの稼働率や積載率を向上することによって、CO2排出量を削減。荷主企業(発荷主・着荷主)と物流事業者が広く連携していくことを促進すべく運営する「グリーン物流パートナーシップ」に加盟しています。

スポット貨物輸送

トランコムの強みである全国ネットワークを活用し、協力輸送業者の空きトラック情報と荷主事業者の貨物情報を、最適な輸送モードでマッチングするサービスです。

  • 荷主事業者毎の多種多様なニーズ・傾向を把握し、物量に応じた輸送コントロールを実現。
  • スポット・定期便・チャーター・中ロットの積合せなどから最適な輸送モードを選択し、適切な運賃によるコストメリットを創出。
  • 4トン車や10トン車・ウィング車・平車といった多種多様な車両を全国どこからでも手配可能な輸送サービス。
  • 自社車両・定期固定車両では難しい波動対応も、トランコムの求貨求車システムを活用することで安定的に稼働。
  • 段ボールケース・パレット・ドラム缶やコンテナ等、荷姿を問わない様々な貨物を輸送可能。
Matching!
ラウンド運行

ラウンド運行による計算できる空車情報の確保
運行条件に応じる

運行条件に応じた貨物情報の提供
緊急時の波動対応

緊急時の波動対応
貨物情報を提供

帰り荷は空車回送に配慮した貨物情報を提供

中ロット輸送サービス Cargo Ride Share

他社メーカー貨物との混載によりコスト低減を実現

多品種・小ロット生産の現場に応え、近隣エリアの貨物と積み合わせて輸送する中ロット輸送サービスを展開。これまで低積載率でも貸切便を手配するしかなかった中ロット貨物に対して、物量に応じた料金設定により運賃を安くすることが可能になります。中ロットからチャーター(貸切)までの輸送依頼をトランコムへ一元化することで、集車や経理といった業務が軽減されます。関東地区、東海地区、関西地区といった地域を限定することなく、35の情報センターにより全国対応が可能です。

中ロット輸送サービス

中ロット貨物輸送のメリット

コスト低減
スペース(m)、サイズ(才・㎥)、重量(㎏)等の物量に応じた運賃設定が可能。
・ 低積載率でも車建て料金のために、貸切便を活用した場合は高コストになっていませんか?輸送規格に合わせた見積もりを作成します。
輸送品質向上
荷台のスペースをご提供するため、集荷制限も繁忙期に残荷することもありません。
・ 積替えダメージによる商品破損は発生していませんか?直接集荷・配送により、貨物タッチ数が減少され破損リスクを抑制します。
問題解決・減少
長尺物など路線集荷の規格外の輸送に対応 + 中継が無い為リードタイム短縮・AM着指定可能
・ 荷姿やサイズによって輸送を断られてしまっていませんか?最適な輸送モードの選択により運賃が安くなるだけではなく、付加価値をご提供。

物量・エリア・時間など様々な条件に最適な輸送モードを選択

DIRECT
Direct
集荷・納品ともに近隣エリアの貨物同士をパッケージ。1台のトラックで集荷 車両が納品先まで輸送します
1台のトラックで集荷
AddOn
AddOn
パートナー車両の空きスペースに適した貨物をトランコムが探して相乗りさせる輸送モードです。
相乗りさせる輸送モード
Cross
Cross
集荷・配送する貨物をクロスドッキングして運行することで、お客様のオーダーにしっかりと対応します。
クロスドッキングして運行

ドレージサービス Container Matching Service

東京港、大阪港に事業所を設けて、トラックマッチングで培ったノウハウを、波動の大きい海上コンテナドレージで活かします。国内で港湾運送事業及び通関業務等に強みを持つトレーディア㈱との資本業務提携契約により、国際複合一貫輸送を実現。輸出入からドレージの手配まで苦慮される荷主企業の悩みを解決し、安定的な貨物情報と収益向上を目指すパートナーをサポート。

ドレージサービス
ドレージサービスの仕組み

幹線輸送一括請負 「エコロジネットワーク」

求貨求車を行う物流情報サービス事業と3PL事業を行うロジスティクスマネジメント事業が連携し、幹線輸送コントロールと物流センター運営・配送業務をトータルで管理・運営することで、品質の向上と物流コストの削減、CO2排出量削減にも貢献する環境に優しい輸送ネットワークです。
お客様専用の情報センター「エコロジセンター」が輸送業務をトータルサポート致します。

全国幹線輸送 「幹線コントロールセンター」

幹線コントロールセンターでは、全国に所在する工場の生産情報を集約し、幹線輸送の配車を全てコントロールします。
一括管理を行うことで、配送委託業者の配車・品質コントロールができ、物流サービスレベルの向上に繋げられます。

エコロジネットワーク

業務全体の見直しによりリスクを低減し、安定した物流サービスの構築を実現します。
目指すのは、継続的な改善提案による物流コストの削減や、エリア間の連携強化による物流力の強化です。

請求、業務管理の簡素化
各配送委託業者に対して行っていた作業が、トランコムへの作業のみとなり大幅に簡素化
片道便による高コスト改善
全国の情報センターの貨物情報を活用し、往復設定とすることでコストを低減
繁忙期の欠車回避
物流情報サービスの集車力で欠品リスクを回避、約250%の物量波動にも対応